プロフィール  

 

 サラリーマンを卒業する少し前、思い立って描き始めた水彩画ですが何時の間にか20年経ちました。怠け癖がつかないよう毎月初めに新作掲載(月8枚以上、年100枚)のノルマを自らに課し、拙いホームページを始めてからも早や10年になりました。体調を崩して中断せざるをえなかった時期もありましたが、弛まずコツコツと描きながら毎月HPを更新してきました。このところ野暮用にかまけてペースダウンしていますが。

 「みなとの風景」は現在取り組んでいるテーマです。およそ5年前に「中山道宿場巡り」を終えた後、それまで街道ばかり描いていたので、次は広々とした海辺や港の風景を描きたくなりました。私は幼少期から高校時代まで、四国阿南海岸の漁師町で育ちました。そのため漁港や漁村の風景は私にとっては故郷のように「懐かしい風景」なのです。何時かふるさとの景色を描いてみたいという思いもあり、中山道の次のテーマを選ぶ時、さほど迷うことなく「みなと巡り」に決めていました。漁港だけでなく小樽、函館、横浜、長崎など魅力のある大きな港、運河などの小さな船溜りやマリーナなども含めての「みなと」です。現在は特に地方の漁村や小漁港を重点に探訪しております。

 各地の町や港を描きながら最近つくづく思うのは、風景の中に姿は見えないがそこで生活を営む人々や、今は離れて居ないけれどそこで過ごした遠い日々を想う人々が何処かに必ずいるはずです。その人たちには「懐かしい風景」という言葉では足りない「かけがえのない風景」かも知れません。その方たちが縁あって私が描いたご自分の町や港の絵をご覧になった時、「描いてくれてありがとう」と思って貰えるような絵が描けたらいいなと・・・。非常に難しい課題ですが、何時もその気持ちだけは忘れないように描き続けたいと思います。

 このほど現在契約しているプロバイダーがホームページサービスを中止することになり、グループ会社の同サービスへ移転しました。HPシステムが全面的に変わるため、これまで旧HPに掲載中の画像ファイルやテキストファイルを1点、1点コピーしながら1ページづつ作り直すことになりました。ファイル数が膨大なうえ技術的な手法など良く分らないまま始めたため試行錯誤の連続でした。取り敢えず旧HP上のコンテンツなどは全て移すことが出来ました。まだまだ改善すべき点が多いのですがご容赦のほど。

 

                             2016年12月       濱口厚生(こうせい)