奏楽堂(台東区上野公園) F4

 

上野公園の旧東京音楽学校奏楽堂です。東京芸大音楽部の前身である東京音楽学校の施設として明治23年に建造された木造洋式音楽ホールです(国の重要文化財)。前庭の八重桜が満開でしたが、ソメイヨシノも八重桜も桜の花を描くのは苦手です。

 

みかどパン店とヒマラヤ杉(台東区谷中) F4

 

三浦坂を上がって道を右に曲がるとその先にこの景色がありました。みかどパンという旧い店に覆いかぶさるように高く聳えるヒマラヤスギの大木です。幹には台東区の保存木に指定された証と所有者名が添付されていました。ヒマラヤスギは真っ直ぐ伸びるものと思っていたので、標識を見るまでは分かりませんでした。その後Netで調べ、店の先代が鉢植えから育てたものと知り、盆栽が大木になったのではないかと納得した次第。今では谷中のランドマークになるつつあるようです。それにしてもこの辺りにはお寺が多く、右に見えるのもそうですが、この絵の後方にも5、6宇連なっていました。さながら寺院団地のようでした。

 

 

三浦坂(台東区谷中)   F3

 

言問通りと藍染通り(あかじ坂)の間にある三浦坂です。江戸時代、近くに美作勝山藩三浦備後守の下屋敷があったことから三浦坂と呼ばれるようになったとか。かなり長い急坂です。三浦坂の坂上の眺めです。後日、朝日新聞に「坂を歩けば江戸情緒」という記事が掲載され、坂道の研究家山野勝さんが東京の坂のランキング第2位に三浦坂をあげておられました。自分でも良いなと思って2枚も描いたばかりだったので嬉しくなりました。山野さんは、江戸情緒度、急坂度、湾曲度、命名面白さ度の4点を指標にしたそうです。因みに第1位は本郷の鐙坂(あぶみざか)でした。

 

 

谷中銀座     F4

 

谷中銀座の入口です。日暮里駅に近い「夕焼けだんだん」とは反対の「よみせ通り」側です。谷中銀座通りは何時も雑然とした印象ですが、非常に活気のある商店街です。この日もウイークデーの午後でしたが大変な人出でした。見落していた千駄木の坂道を確認のため、休日に再訪した時にはさらに混雑していました。この絵の正面は「はつねや」という女物の洋服店です。ところ狭しと通路にはみ出すようにカラフルな洋服を並べていました。1階の庇の上の白い猫は飾りです。

 

 

 

初音小路     F4

 

実際には昼間の初音小路はもっと暗いのですが、撮っておいた写真を明るくして描きました。店の人に断れば通りに座ってスケッチも出来るとは思いますが勇気がいりそうです。たまたまある店の前にいた女主人に断って、路地の奥まで入って写真を撮らせて貰いました。野次馬が闖入して覗き見をしているようで、何となく気兼ねしながらの写真撮影でした。このようなモチーフは好きですが、何故か最近看板の文字など細かいところが気になるようになりました。

 

 

 

 

藍染通りの商店     F4

 

谷中藍染通りにレトロな間口の狭い看板建築が残っていました。ライトブルーに塗装された金属板の壁面も面白いなと思いました。両隣は既に建て替えられ新建材に変わっています。歩道にびっしりと並べられた鉢植えも谷中らしい風物です。谷中は行くたびに何かしら新しい発見のある町です。

 

 

 

スペイン坂1(渋谷区宇田川町)  F5

 

渋谷駅に近いスペイン坂。階段上からのアングルです。一度描いて失敗した構図です。前回は画面全体を着色して焦点がボケてしまったため、服部久美子さん風に一部を塗り残してみました。ここは何時も人通りが多く、特に若い人たちの人気スポットのようです。何故スペイン坂と呼ばれるのかは知りませんが、通りにフランス国旗を飾ったり、南欧的な雰囲気を演出しています。