今月の作品(表紙と一緒毎月初め更新)

 

奥多摩川2(東京都青梅市) F4

 

JR青梅線御嶽駅直下の奥多摩川です。御嶽駅下から下流の沢井駅下にかけての奥多摩川は、巨岩累々、変化のある流れが続きます。上流の奥多摩ダムからの放水があるため水量も豊かで流れも速く、カヌーやカヤックの練習場になっています。ダム湖に溜まった底水を放流するそうで年間を通じて水温が低く、アユよりもヤマメやニジマスなど渓流魚の棲息に適すると言われています。

 

見沼(さいたま市緑区) 24X43cm

 

 県道65号線(さいたま幸手線)北宿大橋から見た芝川下流の眺め。右岸に立つプラタナスの巨木は、冬枯れの頃何度か描いたことがあります。見沼田圃の夏場の風景も魅力的ですが辺り一面が緑一色、敢えて挑戦して見ましたがあえなく敗退。

 

 

辻の農家(さいたま市緑区)  F4

 

見沼代用水東縁の東側の台地、南部領辻に僅かに残る茅葺民家。母屋も茅葺の曲がり屋でした。過去形にしたのは、十数年前に描いたスケッチとその時に撮った写真から描いたため、茅葺屋根が現存するかどうか確認出来ていないためです。南部領辻には屋敷林のある旧家や植木畑が点在し、見沼代用水沿いの斜面には昔ながらの雑木林が保存されています。この絵の通りの先には鐘楼門とボタン園で名高い総寺院があります。